ARCSprint
FRONT PAGE

コレは何?/What is this?

デバッグプリント&イベントログ機能を提供するクラス。
変数値,行列の中身を確認したいときに使える。
"ARCSprint.hh"をインクルードすれば,ARCSのコード内のほぼすべての場所で使用可能。


関数一覧(実際にはマクロ実装)

     1 :	EventLog(a)                // イベントログ用マクロ
     2 :	EventLogVar(a)            // 実数用イベントログマクロ  a : 表示する変数
     3 :	DebugPrint(a)            // 文字列用デバッグプリントマクロ  str : 表示する文字列
     4 :	DebugPrintVar(a)        // 実数用デバッグプリントマクロ  a : 表示する変数
     5 :	DebugPrintVarFmt(a,b)    // 実数用デバッグプリントマクロ  a : 表示する変数, b : 表示形式 (%1.3e とか %5.3f とか printfと同じ)
     6 :	DebugPrintMat(a)        // 実数用デバッグプリントマクロ  a : 表示する変数

使用例

                #include "ARCSprint.hh"

<ARCSのソースコードのどの部分でもおk!>

     1 :	DebugPrint("debug print dayo-----------!!!!!!!!!!!");
     2 :	
     3 :	double pipipi = 3.14159265358979;
     4 :	DebugPrintVar(pipipi);
     5 :	
     6 :	Matrix A(5,5);
     7 :	A = eye(5);
     8 :	
     9 :	DebugPrintMat(A);
    10 :	DebugPrintVar(A.GetWidthLength());

出力結果

こんな感じで,"PLOT/PRINT AREA"に,メッセージ,変数名と値,行列,関数の戻り値が表示できる。


拡大




- 97661 -

研究室の横の倉庫 - Side Warehouse of Laboratory
Copyright(C), Side Warehouse, All rights reserved.