パワーエレクトロニクスと触覚学
FRONT PAGE

パワーエレクトロニクスと触覚学

 パワーエレクトロニクスと触覚学(ハプティクス)は一見何も関係ないように見えますが,そんなことはありません。 音響情報を扱うラジオやCD等は,電気電子工学に始まり音響工学や信号処理工学等々を応用しています。 画像情報を扱うテレビやDVDではさらに光学や画像情報工学等の技術が使われています。
 では触覚・力覚情報はというと,アクチュエータを動かすことが必要になり, そのためには制御工学,モーションコントロール,メカトロニクス,パワーエレクトロニクスが必要となります。 人間の筋肉以上の力を出せるサーボモータを多用するわけですから,パワーエレクトロニクスで培われた技術が重要となるわけです。 すなわち,触覚・力覚関連技術は制御工学,モーションコントロール,メカトロニクス,パワーエレクトロニクスの分野における研究の範疇といってよいでしょう。





- 97661 -

研究室の横の倉庫 - Side Warehouse of Laboratory
Copyright(C), Side Warehouse, All rights reserved.